バック表ソフトの戦術!フリックとバックドライブをマスターしよう!

戦術

今日は、『バック表ソフトの戦術!フリックとバックドライブをマスターしよう!』と題して、バックハンド、および台上技術について書きたいと思います。

フリック(ここでは、特にバックフリックについて触れます)、バックドライブの台上技術とバックハンド技術は非常にバック表プレイヤーとしては大切な技術なのではと個人的には感じています。

表ソフトラバーは、裏ソフトラバーと比較するとエッジは利いている反面、出来ること、安定性は欠けるように思えます。

特にボールに回転を与えることが不得手なので、相手コートへボールを送るのはどうしても直線的な弧線を描くのでいわば「針の穴に糸を通す」ような正確さが求められます。

ですが、裏ソフトラバーは乱暴な言い方かもしれませんが、とりあえずドライブなどの回転をかけてしまえば何とかなるような側面がありますね。これは、裏ソフトの特性といえますし、相手のボールの質の影響を受けにくい分、自分は幅の広いプレーが可能であるといえると思います。

この裏ソフトラバーが得意とする技術を表ソフトラバーでもできれば、プレーの幅が広がり、取れる戦略も多くなります。

と言うわけで、今日は表ソフトラバーでのバックドライブとフリック、特にバックフリックについて、そのやり方をご紹介したいと思います。

どうぞ、よろしくお願いします。

スポンサーリンク

バック表ソフトの戦術!バックドライブのやり方!

では、表ソフトラバーでのバックドライブのやり方についてご紹介したいと思います。

特にここでは、これからバックドライブを始めようという方向けに書きます。バック表マンが思う表ソフトラバーでのバックドライブですが、「表ソフトラバーでの」と言うだけあって、裏ソフトラバーのバックドライブとは少し意識することがあると考えています。

それも含めて以下ポイントをご紹介いたします。

  1. 足は肩幅より少し広め、そして両足は肩のラインと平行に構える
  2. バックドライブ時のラケット面の角度は卓球台と垂直。
  3. バックドライブ時ラケットは垂直方向に振る。
  4. ラケットを振る際には上腕を外旋(外側に回す)ことを意識する。
  5. バックドライブ時のラケットの振りは、最終的にはコンパクトに

といったことがポイントとなります。

補足しますと、まずは上記の3.について。

表ソフトでのバックドライブを打つ際は最初はラケットは下から上へ振ります。よくバック面が裏ソフトの人のバックドライブはラケットを前方へ振り出すのを良く見かけます。

ですが、この振り方はバックドライブでは慣れていないと上手くできないです。というのも、表ソフトラバーはボールの回転を与えることが不得手なラバーなので、前方にラケットを振るとラバーがボールに引っかからず滑ってしまうからなんです。

今は、表ソフトラバーでも裏ソフト並に回転を与えることができるラバーもあるようですが、まず最初はラケットを下から上へ確実にボールを持ち上げられるようにラケットを振りましょう。

次に上記4.について。

バックドライブをするときには、前腕を振るイメージでやると力みが出てしまうように思います。そして手首もグラグラと動いてしまって私の場合は上手くゆきませんでした。

しかし、ここで書きましたように、上腕(二の腕)を外に回して、前腕と手首を上腕の動きに委ねるように振るとスムーズに打つことができました。

で、この上腕をスムーズに回す際のコツがありまして、そのコツとはなにかというと、『ラケットを振る瞬間、ラケットのグリップをグッと握る』ということです。

今すこし試していただきたいのですが、今ラケットを持つ手を軽く握って腕は力を抜いて置く状態を作ってみてください。

そして、次にその軽く握った手を「ギュッ」と瞬間的に握ってみてください。すると如何でしょうか?勝手に上腕が外側に回転して前腕が上に動き出しませんでしたか?

バックドライブ時にはこの動きを上手く使います。そうすると力みのないコンパクトな振りのバックドライブを放つことができます。

最初は完璧にはできないかもしれませんが、反復練習で繰り返せば間違いなくバックドライブが打てるようになりますよ!

スポンサーリンク

バック表ソフトの戦術!フリックのやりかた!

続きましてフリック、今回は表ソフトラバーでのバックフリックのやり方、ポイントについてご紹介したいと思います。

ですが、その前にこのバックフリックの重要性についてすこし触れたいと思います。

フリックとは、卓球台上で短いサーブ等のボールを払ってボールを返す技術です。いわば攻撃的なボールを打つことができる技術です。

もしバック表で下回転系のボールを返すのにツッツキだけでしか返せない場合、コチラから攻撃を仕掛けられない分相手に主導権を握られてしまうケースが多くなってしまいます。

なので、相手に主導権を渡さないためにもこのバックフリックは非常に大切な技術になります。

それでは、早速表ソフトラバーでのバックフリックのポイントを紹介させていただきます。手順は大きく下記2つです。

  1. ラケットの向きは、ヘッドを真横に。ラケット面は少し上向き
  2. 打球時は上腕(二の腕)を外に回してボールを軽く弾くイメージ

上記1.は裏ソフト、表ソフト共通でこれらのラバーによる差異はありませんが、2.はラバーの種類により違いが出てくるところです。

裏ソフトラバーはフリック時には軽いドライブ回転を与えますが、表ソフトラバーの場合は、ラケットに乗っけて返すような打ち方をします。

これは最初のセクションで説明したバックドライブを打つときと全く同じなんです。つまり上腕(二の腕)を回転させて打つということなんですね。

表ソフトラバーでのバックハンドのポイントとしては上腕(二の腕)の回転が非常に大切ということが言えると思います。

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。

今回は『バック表ソフトの戦術!フリックとバックドライブをマスターしよう!』と題して、表ソフトラバーでのバックハンド技術を紹介しました。

これらの技術はバック表ソフトユーザーとしては、戦略上先手を取るという意味で非常に大切な位置づけとなります。

先手を取ることで、卓球台から離されずに前陣で勝負できるからです。

是非この今日ご紹介したバックハンド技術をマスターして、バック表ライフをエンジョイしましょう!!

それでは、今日はここまで。

ありがとうございました。

こちらもあわせてどうぞ!!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました