フォアが入らない!卓球の基礎!きれいなフォームを身につけて上達!

技術

今日は、卓球の中でも最重要基礎技術である「フォア打ち」について

「フォアが入らない!卓球の基礎!きれいなフォームを身につけて上達!」

と題してフォア打ちについてご紹介いたしたいと思います。

フォア打ちはバックショートと並んで基礎技術としてとても重要度が高い技術です。

例えばフォア打ちがマスターできればそこからフォアドライブへと技術的に発展させることができますし、あるいはフォアハンドスマッシュについても同様にフォア打ちがベースとなっています。

その他、卓球における打球感覚を身に着ける上でも大変重要な技術です。

これから卓球をはじめようとする人、あるいは既に始めていてフォア打ちが入らないな~といった悩みを持っている方々向けにフォア打ちに関する技術情報をご紹介いたします。

 

スポンサーリンク

フォアが入らない!きれいなフォームを身につけて上達!

なぜ、綺麗なフォームを身につけることが必要なのか?入ればいいんじゃないの?って思われる方も少なからずいらっしゃるのではないかと思います。
たしかに、卓球は相手コートにボールを入れ続けることができれば試合に勝つことはできます。

しかし、綺麗なフォームを身につけてそれをベースに練習を重ねることができれば、より卓球を楽しむことが出来ますし、試合にも勝ちやすくなると断言できます!

ところで、「綺麗な」フォームといはいったいなんなのでしょうか?
見た目に美しく綺麗なフォームでしょうか?たしかにそれは一つあるかもしれません。
しかしここで提案する「綺麗な」フォームとは、見た目に綺麗であることに加えて、効率的な」フォームであるということを表します。

効率的なフォア打ちのフォームとは、現代のスピード卓球に対応できるフォームのことです。
是非綺麗で「効率的な」フォア打ちをマスターして楽しい卓球ライフを送りましょう!

スポンサーリンク

卓球の基礎であるフォア打ちのポイント

それでは、早速きれいなフォア打ちのポイントをご紹介します。

フォア打ちの姿勢がなぜ大切なのか?

フォア打ちでいい姿勢や体を使っておかないと

  • 卓球の実力が伸びない。
  • 強い打球、強打が打てない。
  • 連打ができない。

といったデメリットがでてきます。まさにフォアが入らない状態に陥りやすくなってしまうんですね。

ですのでそうならない為にも綺麗なフォア打ちをマスターすることが大切なのだと思うのです。

フォア打ちの打球面を作る

フォアが入らないというとき、まずはラケットの角度を確認してみましょう!

フォア打ちをする際のラケットの角度ですが、卓球台と直角の角度を作ります。こうすることで、ボールをしっかりと飛ばすことがでます。

もしラケットの面をかぶせてしまうと、ドライブ回転(前方回転)がかかったり手打ちになってしまったり、フォア打ちを打つ際に悪い癖がついてしまう可能性があるんですね。

ただし、始めのうちは卓球台をボールがオーバーしても気にする必要はありません。なぜならしっかりラケットをボールに当てることが目的ですので。

少ない力でボールを強く遠くへ飛ばすことができるその感覚を身に着けることがこの目的なのです。

フォア打ちのラケット始動位置を確定させる。

フォアが入らないとき、ラケットの始動位置も確認してみましょう。

フォア打ちの際、ラケットの始動の位置は体の斜め前です。そして肘は軽く曲げる感じです。
これは最初のラケットの構え位置であり、いわゆる「ニュートラルな状態」ということができます。
ラケットを振った後に体の斜め前をラケットが通過するので、連続して打球する場合に非常に効率がよい動きとなります。

フォア打ち時の足の位置・構え

フォアが入らないとき、足の位置や体の構えについてもチェックしましょう!

まずは両足は自分の肩幅よりも少し広めにとって構えます。そして膝はかるく曲げます。
なぜかというと、足を狭くそろえてしまうと、状態が突っ立ってしまって綺麗なフォームを作ることができないからなんです。そしてそうなるとフォア打ちをする際に手打ちの原因となってしまいかねないからなんですね。

次に足は利き足の逆足(右利きの人は左足)を一歩前へ出して構えます。これは、フォア打ちをする際に体の重心移動を使うのですが、この重心移動が非常にやりやすく、従って綺麗なフォームを作ることができるということに繋がって行きます。

先ほど、綺麗で美しいフォア打ちは少ない力でボールを強く遠くへ飛ばすと書きましたが、これは正にこの体重移動があるためです。

フォア打ち時の姿勢作り

フォア打ちの際の姿勢は前傾姿勢を作るようにします。
理由は、体の姿勢を低くして前傾姿勢を保つことで、体に力を伝えやすくなりボールを体で飛ばす感覚が身に付けやすくなるためです。

フォア打ちの打点(ポイント)

フォアが入らないというとき、ラケットでボールを上手く捕らえられていない場合が多いと思います。

ボールはラケットの中心で捕らえます。そしてラケットでボールを捉える位置は体の斜め前辺り(ニュートラル)のポイントで捉えるようにします。

一昔はボールを捉えるタイミングは体の真横だったのですが、現代の卓球では体の斜め前で捉えるようにします。
そして、現代卓球においては常にこの位置でボールを打球することが非常に重要となります。

そうすることで安定してフォア打ちを連続して続けることがきる。つまり安定してフォア打ちができるようになるからです。

尚、トップレベルの選手はフォア打ちは体の斜め前のポイントでラケットを合わせているだけなんですね。

フォア打ち時のラケット操作

フォア打ち時のラケット操作は直線的に操作します。
つまりラケットの始動前のポイント(ニュートラル)と打球後(フォロースルー後)のラケットと腕の軌道は直線的に行うということになります。

一昔は、フォロースルー後、一旦ラケットを体の前を経由してラケット始動前の位置へ動かしていました。
つまりラケット操作の軌道は三角形を描いていたのですが、現在の卓球においては、フォア打ち時のラケットと腕の軌道は直線的な軌道を描くように操作します。

なぜそうするのかと言うと、理由は現代の卓球はスピードが速いため、打球後の基本姿勢への戻りのスピードも早くする必要がありそれを実現するのが直線的な操作を行うということになります。

そうすることで、フォアが入らないという状況は回避できるようになると思います。

フォア打ち時の重心移動について

フォア打ち時の重心移動は右利きの場合、ラケットの始動時は右足に重心があります(体重が乗っている)がラケットを打球したとき重心は自然と左足へ移っていきますね。

その重心が左足に乗り切る前(概ね左頭前の下あたりに体重が移った段階)ですぐ右足に戻します。
以前は左足へ体重を乗せきっていましたが、やはり現代の卓球は高速化しているため次の打球に間に合わなくなってしまうので、左足には体重を乗せきらずに左頭前のあたりに体重が到達したらすぐに左足へ戻すようにします。

フォア打ち時の顔と目の使い方について

フォア打ち時に顔は正面に向けて間接視野(ボールを視界の中心には捉えていないが、視野の中に確りと捉えている状態)で捉えてボールをミートします。顔(首)を回してボールを見るのはNGです。

これは、直接視野(ボールを視界の中心に捉える)で打つ方法ですがこれはダメなんですね。
なぜかというと、顔の動きにつられて体が必要以上に回転してしまうし、ラケットも斜め前から広報へ移動してしまうからなんですね。

ということはつまり顔と目で最後までしっかりとボールを追わないことが大切ということになります。
正面をみてその視界の中で打つイメージですね。

フォア打ち時の体の向き

これも姿勢と関係していますが、フォア打ちの際は両肩のラインがぶれない、つまり体は同じ向きを向いたまま回転させないで打つ必要があります。しかもなるべき正面を向いた状態でこの姿勢をキープすることが重要です。

*とはいっても物理的にどうしても左肩が前にいってしまいますので、そのような気持ちで ぐらいでよいと思います。

なぜかというと、体が少しでも回転してしまうと、スピード化した現代の卓球には時間的に間に合わない状況が発生しうるからです。

また現代はフォア打ちと同様にバックハンドも打てる必要があり、左肩が前にでた状態になってしまうとバックハンドで打とうとしても間に合わなくなってしまいます。

フォアが入らないどころか、バックハンドも入らない状況になってしまうんですね。

フォア打ちがより上手になるために

フォア打ちだけではないのですが練習は一人でやるものではなくこと卓球においては自分と練習パートナーがいて成立するものです。

いわば共同作業であり、練習が続くことでお互いの技術が向上するといえます。
つまり手が打ちやすいところにボールを打つ、続ける(連続打球)など相手にとっても練習になるように思いやりをもって練習に望むことがお互いに上手になる上で重要なポイントとなるのではないかと思います。
*とはいっても下手だから練習をするんだという観点もあるんですが。

まとめ

スポンサーリンク

いかがでしたでしょうか?
今日は「フォアが入らない!卓球の基礎!きれいなフォームを身につけて上達!」と題して、なぜきれいなフォア打ちのフォームを身につけることの重要性と安定したフォア打ちを行う上でのポイントをご紹介いたしました。

フォア打ちは卓球の全ての技術の基礎、ベースと言っても過言ではありません。
そして、きれいなフォア打ちは現在のスピード卓球に対応するエッセンスがぎっしりとつまった打ち方といえると思います。

是非最初は上手く行かなくても根気良く練習を続けて、是非マスターをしていただきたいと思います。
私もがんばってもっと上達してゆこうと思います。

それでは、ここまでお読み頂きありがとうございました。

こちらもあわせてどうぞ!!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました