戦術

スポンサーリンク
戦術

バック表ソフトの戦術!フリックとバックドライブをマスターしよう!

ブログに起こし頂ありがとうございます。バック表マンです。今日は、『バック表ソフトの戦術!フリックとバックドライブをマスターしよう!』と題して、バックハンド、および台上技術について書きたいと思います。 フリック(ここでは、特にバックフリックについて触れます)、バックドライブの台上技術とバックハンド技術は非常にバック表プレイヤーとしては大切な技術なのではと個人的には感じています。 表ソフトラバーは、裏ソフトラバーと比較するとエッジは利いている反面、出来ること、安定性は欠けるように思えます。 特にボールに回転を与えることが不得手なので、相手コートへボールを送るのはどうしても直線的な弧線を描くのでいわば「針の穴に糸を通す」ような正確さが求められます。 ですが、裏ソフトラバーは乱暴な言い方かもしれませんが、とりあえずドライブなどの回転をかけてしまえば何とかなるような側面がありますね。これは、裏ソフトの特性といえますし、相手のボールの質の影響を受けにくい分、自分は幅の広いプレーが可能であるといえると思います。 この裏ソフトラバーが得意とする技術を表ソフトラバーでもできれば、プレーの幅が広がり、取れる戦略も多くなります。 と言うわけで、今日は表ソフトラバーでのバックドライブとフリック、特にバックフリックについて、そのやり方をご紹介したいと思います。 どうぞ、よろしくお願いします。
戦術

卓球レシーブの種類について!横回転の対応とツッツキのコツを紹介!

こんにちは。バック表マンです。 今日は「卓球レシーブの種類について!横回転の対応とツッツキのコツを紹介!」ということで、レシーブについての情報をご紹介したいと思います。 レシーブとは相手がサービスを出したときに相手コートに最初にリターンする技術です。一般的には卓球はサービス権を持つ側、つまりサービスをする側が有利とされているようですが、このレシーブ技術を高めることでサービス側有利となる状況を覆すことができます。 私は試合に際しては、サービス、コート決めの時は、率先してレシーブを選択するようにしています。相手サービスを数多く見極めたいのとレシーブを最初に経験しておくことで相手の主導権の動じない状況を作るためです。 そんな訳で、本日はレシーブ技術および戦術についてのご紹介となります。 どうぞ、よろしくお願いいたします。
戦術

【卓球基本戦術】3球目攻撃とは?パターンやコツと練習方法を解説!

皆さんこんにちは。バック表マンです。 今日は、3球目攻撃について解説させていただきます。 いわゆる「3球目」は、3球目攻撃ともよばれることもあり、点を取り合う卓球においては非常に重要な戦術となります。 これも、初めての方や初心者の方にとっても難しいと思われるかもしれませんが、練習を重ねれば絶対上達して試合でも活かせるようになりますので、是非楽しみながら練習をしていただければと思います。
スポンサーリンク