箱根駅伝【2021】往路の見どころはどこ?注目選手とチェックポイントもご紹介!

スポーツ

新春の1月2日、3日に箱根駅伝が開催されます。今年の箱根駅伝はいわゆる”無観客試合”で開催されその内容にも注目が集まっています。

箱根駅伝といえば選手はもちろんですが、沿道の応援も賑わいを見せており、そういった意味では非常に残念な開催となりました。

そこで、今回は
「箱根駅伝【2021】往路の見どころはどこ?注目選手とチェックポイントもご紹介!」
と題して、箱根駅伝【2021】往路の見どころと、往路の注目選手と各区間のチェックポイントをご紹介してゆきたいと思います。

尚、往路の注目選手は現時点での予想です。

スポンサーリンク

 

箱根駅伝2021往路の見どころは?

 

箱根駅伝【2021】の見どころは、なんといってもスタート地点に全員集合したところです。
独特の緊張感が漂いますね。

1区はスピードレース。各校差を広げたい、または差を広げたくないなどの駆け引きが展開される。
2区は花の2区、つまり各校エースを投入してきます。
5区は、山登り区間。

また、箱根駅伝【2021】往路のもう一つの見どころとしては3強対決の行方についても注目ですね。
そこにどの大学が割って入るかという点にも注目が集まるのではないかと思います。

青山学院大学(前回優勝)、駒沢大学(全日本大学駅伝優勝)、東海大学がその3強ですが、まずはその3強の紹介です。

青山学院大学

箱根駅伝【2020】優勝
全日本大学駅伝4位

昨年は箱根駅伝で王座を奪還しましたが、それまで4連覇を達成しており、箱根駅伝を熟知している試合巧者。
選手各自の目的意識は高いものがあり、チーム全体の戦力も底上げできているのではと思います。

駒沢大学

箱根駅伝【2020】8位
全日本大学駅伝 優勝

全日本大学駅伝では、田澤廉選手が後続の選手を突き放しエースの貫禄をみせつけて優勝を勝ち取りました。
選手層の厚さでは他の青山学院大学、東海大学区に確かに劣るものはあるかもしれませんが、1,2年生に非常に
元気があり、チーム全体が良い影響をもたらしています。

東海大学

箱根駅伝【2019】2位
全日本大学駅伝2位

東海大学は今年いわゆる「黄金世代」と呼ばれた実力者たちが引退しました。戦力が落ちたといわれる中で全日本大学駅伝では安定した強さを見せてくれました。
下級生では上級生に勝ちたいという気持ちで練習に打ち込んでいます。

スポンサーリンク

 

箱根駅伝2021注目選手は?

箱根駅伝【2021】の注目選手を各校から選出いたします。

佐藤一世(青山学院大学)

全日本大学駅伝で5区に起用され、いきない区間新記録を樹立しました。それでも「最低限の走り」と言い放ちました。本当に末恐ろしいですね

塩沢稀夕(東海大学)

4年生になって自分が引っ張る立場に変わって、「その中でもしっかり冷静にチーム全体を見られているんじゃないかなと思います」とコメント。
言葉で言うことはあまり得意ではないといい、厳しいタイプでもないと自らを評する。

田澤廉(駒沢大学)

昨季、最も輝いたルーキーは間違いなく田澤廉(駒大)です。出雲駅伝はエースが集った3区でトップを奪う区間新(区間2位)、
全日本大学駅伝は7区で4人抜きの区間賞。11月23日の八王子ロングディスタンス10000mで昨季の日本人学生最高となる28分13秒21、箱根駅伝は3区で7人抜きの区間新(区間3位)と大活躍。

箱根駅伝【2021】往路の要チェックポイントは?

総距離は217.1kmで往路5区間、復路5区間あります。
往路は、107.5kmで、大手町→鶴見→戸塚→平塚→小田原→芦ノ湖までの5区間あります。

特に注目は2区と5区ではないかと思います。

2区 23.1km

2つのかの有名な「権田坂」と「戸塚の壁」と呼ばれている上り坂があってとても走りづらい区間で精神力が強い選手がでてきます。
花の二区と呼ばれていて花形ランナーが出てきます。

5区 20.8km

ここは山登りのコースです。かなり難しいコースですね。
各大学のスペシャリストたちが登場して、山の神と名付けられた柏原竜二選手がこのコースで有名になりました。

 

まとめ

ここまでお読みいただきありがとうございました。
ここまで、
「箱根駅伝【2021】往路の見どころはどこ?注目選手とチェックポイントもご紹介!」
と題して、箱根駅伝【2021】往路の見どころと注目選手について紹介いたしました。

もう少しで箱根駅伝の号砲がなりますね。
その時を楽しみにしたいと思います。

選手の皆さん頑張ってくださいね!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました