スポンサーリンク
イベント

【2021】ホタルを大阪・高槻で見れる場所まとめ|アクセス方法や見頃の時期をチェック!

あっと言う間に春が来て、いよいよ夏へ向けて季節が進んでいますね。 今、4月は空気の風邪もカラッとしていてすごしやすいですが、そろそろ梅雨の季節が近づいてきています。ですが、そんなときには「ホタル鑑賞」はいかがでしょうか? 今日は「【2021】ホタルを大阪・高槻で見れる場所は?アクセスと見頃は?」と題しまして、大阪北摂地方にある高槻市でのホタル鑑賞スポットについての情報をご紹介したいと思います。
戦術

バック表ソフトの戦術!フリックとバックドライブをマスターしよう!

ブログに起こし頂ありがとうございます。バック表マンです。今日は、『バック表ソフトの戦術!フリックとバックドライブをマスターしよう!』と題して、バックハンド、および台上技術について書きたいと思います。 フリック(ここでは、特にバックフリックについて触れます)、バックドライブの台上技術とバックハンド技術は非常にバック表プレイヤーとしては大切な技術なのではと個人的には感じています。 表ソフトラバーは、裏ソフトラバーと比較するとエッジは利いている反面、出来ること、安定性は欠けるように思えます。 特にボールに回転を与えることが不得手なので、相手コートへボールを送るのはどうしても直線的な弧線を描くのでいわば「針の穴に糸を通す」ような正確さが求められます。 ですが、裏ソフトラバーは乱暴な言い方かもしれませんが、とりあえずドライブなどの回転をかけてしまえば何とかなるような側面がありますね。これは、裏ソフトの特性といえますし、相手のボールの質の影響を受けにくい分、自分は幅の広いプレーが可能であるといえると思います。 この裏ソフトラバーが得意とする技術を表ソフトラバーでもできれば、プレーの幅が広がり、取れる戦略も多くなります。 と言うわけで、今日は表ソフトラバーでのバックドライブとフリック、特にバックフリックについて、そのやり方をご紹介したいと思います。 どうぞ、よろしくお願いします。
用具

卓球ラバー(表ソフト)について!ストロングポイントと弱点を紹介!

皆さんこんにちは。バック表マンです。 今日は『卓球ラバー(表ソフト)について!ストロングポイントと弱点を紹介!』と題して、卓球の表ソフトラバーの特徴、および表ソフトラバーの優れたところと、劣っているところを紹介して参ります。 私、バック表マンもラケットはフォア:裏ソフト、バック:表ソフトの異質反転前陣速攻型プレイヤーで表ソフトラバーを使用しております。 やはり裏ソフトラバーと比べると、表ソフトラバーには優れているところ、あるいは劣っているところがあると、私自身も感じているところです。 今日は、是非表ソフトラバーの特徴をご紹介させていただきます。
技術

卓球のドライブのコツ!安定して入れる打ち方とタイミングはこれ!

バック表マンです。 卓球技術には、色々な基礎となる基本技術があります。 その中でも今日は「ドライブ」特に「フォアドライブ」の打ち方について、「卓球のドライブのコツ!安定して入れる打ち方とタイミングはこれ!」と題してお伝えしたいと思います。 卓球で点を取るときにドライブ技術は非常に有効な技術です。 というのも、卓球はボールに回転を与える側面がありますがその回転に対応できたり、また相手に攻撃をさせない側面あるので、こちらが点を獲得する可能性が増えるからです。 特に初心者の方、これから卓球を始めたい方等、一見難しそうな「ドライブ」ですが、練習を続ければ絶対に上達しますので、そのお手伝いができれば幸いです。 どうぞ、よろしくお願いいたします。
用具

【卓球】ラケットの種類を紹介!グリップの形と持ち方についても!

今日は「【卓球】ラケットの種類を紹介!グリップの形と持ち方についても!」と題して、卓球のラケットの種類とグリップ等卓球のラケットにはどんな種類があるのか、およびそのラケットをどのように持つのか、についてご紹介しようと思います。 特に最...
戦術

卓球レシーブの種類について!横回転の対応とツッツキのコツを紹介!

こんにちは。バック表マンです。 今日は「卓球レシーブの種類について!横回転の対応とツッツキのコツを紹介!」ということで、レシーブについての情報をご紹介したいと思います。 レシーブとは相手がサービスを出したときに相手コートに最初にリターンする技術です。一般的には卓球はサービス権を持つ側、つまりサービスをする側が有利とされているようですが、このレシーブ技術を高めることでサービス側有利となる状況を覆すことができます。 私は試合に際しては、サービス、コート決めの時は、率先してレシーブを選択するようにしています。相手サービスを数多く見極めたいのとレシーブを最初に経験しておくことで相手の主導権の動じない状況を作るためです。 そんな訳で、本日はレシーブ技術および戦術についてのご紹介となります。 どうぞ、よろしくお願いいたします。
技術

【卓球基礎技術】ツッツキが浮く原因は?上手に攻撃的に鋭くする方法

こんにちは、バック表マンです。コンテンツをお読み頂きありがとうございます。 今回は、『【卓球基礎技術】ツッツキが浮く原因は?上手に攻撃的に鋭くする方法』と題して卓球における超重要技術であるツッツキ技術についてご紹介いたしたいと思います。 で、初心者や未経験の方からすると「ツッツキって何?」って思われるかもしれませんね。 ツッツキというのは卓球における超重要技術です。それはどのような技術かというと、相手から下回転のかかったボールに対して、コチラからもボールに対して下回転を与えて相手へ返す打法・技術です。 例えば、相手から下回転のサービスが出されたときに相手コートに、ドライブやスマッシュを打たれないようにツッツキを返す等、相手コートにボールをつなぐ感じで入れて、次のこちらの攻撃に備えるといったような使い方をします。 本当に重要な技術なのですが、このツッツキが例えば相手コートに返すときに、少し浮いてしまったり(高い軌道で相手コートへ返る)すると、相手から攻撃されしまい得点を取られかねません。 それでは、このツッツキを低く返すにはどのようにすればよいのか?あるいはほかにどのような工夫ができるのかについて考察してみたいと思います。
戦術

【卓球基本戦術】3球目攻撃とは?パターンやコツと練習方法を解説!

皆さんこんにちは。バック表マンです。 今日は、3球目攻撃について解説させていただきます。 いわゆる「3球目」は、3球目攻撃ともよばれることもあり、点を取り合う卓球においては非常に重要な戦術となります。 これも、初めての方や初心者の方にとっても難しいと思われるかもしれませんが、練習を重ねれば絶対上達して試合でも活かせるようになりますので、是非楽しみながら練習をしていただければと思います。
技術

フォアが入らない!卓球の基礎!きれいなフォームを身につけて上達!

こんにちは。バック表マンです。 今日は、卓球の中でも最重要基礎技術である「フォア打ち」について 「フォアが入らない!卓球の基礎!きれいなフォームを身につけて上達!」 と題してフォア打ちについてご紹介いたしたいと思います。 フォア打ちはバックショートと並んで基礎技術としてとても重要度が高い技術です。 例えばフォア打ちがマスターできればそこからフォアドライブへと技術的に発展させることができますし、あるいはフォアハンドスマッシュについても同様にフォア打ちがベースとなっています。 その他、卓球における打球感覚を身に着ける上でも大変重要な技術です。 これから卓球をはじめようとする人、あるいは既に始めていてフォア打ちが入らないな~といった悩みを持っている方々向けにフォア打ちに関する技術情報をご紹介いたします。 どうぞ、よろしくお願いいたします。
スポンサーリンク