卓球レシーブの種類について!横回転の対応とツッツキのコツを紹介!

戦術

今日は「卓球レシーブの種類について!横回転の対応とツッツキのコツを紹介!」ということで、レシーブについての情報をご紹介したいと思います。

レシーブとは相手がサービスを出したときに相手コートに最初にリターンする技術です。一般的には卓球はサービス権を持つ側、つまりサービスをする側が有利とされているようですが、このレシーブ技術を高めることでサービス側有利となる状況を覆すことができます。

私は試合に際しては、サービス、コート決めの時は、率先してレシーブを選択するようにしています。相手サービスを数多く見極めたいのとレシーブを最初に経験しておくことで相手の主導権の動じない状況を作るためです。

そんな訳で、本日はレシーブ技術および戦術についてのご紹介となります。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

卓球レシーブの種類!横回転の対応のコツ

ところで、皆さんは横回転サービスに対するレシーブって得意でしょうか?
私は、正直私なりには得意でした。主にバックハンド(表ソフト)ではじくか、回り込んでドライブでアップデートすることで対応していたのでこちらから主導権をとれました。

ただし、一転横回転サービスに対してコースが自分が思っていたところと違う場所のボールに対処しなくてはいけない場合は・・・、はい、苦手でした。

なぜかというと、この場合自分のラケットをボールの回転に対して角度を合わせなくてはいけないのですが、どのように合わせなくてはいけないかを咄嗟に考えられずにミスしてしまうんですね。

皆さんの中にもそんな方がいらっしゃるかもしれませんね。でも、それも今日までです!

これから横回転レシーブの入りやすいコツをご紹介いたします。それは

相手のサービスをするときのラケットの角度と面の向きに自分のラケットの角度と面を合わせる

ってことなんです。(これはフォア側でも、バック側でも関係ありません)

たった、これだけなんですね。あと同じようなケースで横系のサービスで上横回転と下横回転などのサービスもありますが、これらも対処の仕方は同様で相手が横回転サービスを出したときにラケットの角度と面をこちら側でも同じようにつくって、その面にボールを当てるだけ。

これで、相手コートに横回転サービスのレシーブがしっかりと返ります!

つまり横回転系のサービスについては、相手のサービス時のラケットの角度と面を作ってそのままラケットに当てれば返るということになります。

当てるだけです!

切る必要はありません!

スポンサーリンク

卓球レシーブの種類!ツッツキのコツ

ツッツキについてですが、ツッツキは相手のした回転サービスに対してのレシーブ方法の一つです。
これは、得意であったり難なく出来る方も多いのではないのでしょうか?

先ほど横回転系サービスに対するレシーブのコツをお伝えしましたが、実は下回転も同じで相手のサービス時のラケットと同じ角度と面を作って当ててあげると相手コートへ返ります。

ラケットの角度と面を作ってボールに当てれば簡単にレシーブはできるということなんですね。回転に関係なく。

しかし、このレシーブには弱点があるんです。

それはどういうことかというと

「相手コートに返りやすいという利点はあるが、相手にとっては威力が弱い、つまり質が低いというかチャンスボールになってしまう」

というところなんです。

そう、相手が3球目攻撃を仕掛けやすくなってしまうんですね。

では、どうすればいいの?ということなんですが、それが角度を合わせるツッツキではなく上書きツッツキでレシーブをするということです。

では、「上書きツッツキ」って何ぞや?ということなんですが、これは相手のサービスを全てした回転でアップデートして返すことなんですね。ということは、相手はどんな回転のサービスを出してもこちらは下回転のボールを相手に返すということになります。

先ほど、横回転系サービスに対するレシーブのコツとして角度を合わせる方法を紹介いたしましたが、この上書きツッツキではたとえ相手が横回転系のサービスを出してもツッツキでレシーブするということになります。

ただしこの上書きツッツキをする上でのコツ、気をつけなければならない点がありまして、それは「スイングを早く振る」必要があります。

本来、相手が横回転系のサービスを出してきた時に普通にツッツキをすると、相手の横回転に負けて、右ないし左にボールが跳ねて飛んでしまいます。角度があっていないからです。

ですが、相手の横回転に負けないくらいの下回転を掛け返すためには素早い腕の振りが必要になります。

では、その上書きツッツキってどうやってするのかということですが、

  1. ラケットの角度は45度にする。
  2. ボールは出来る限り引き付ける。
  3. その時、小さくチョップするような感じでツッツキをすると回転がかかる。

※これはフォアでも同様です!

この上書きツッツキですが、正直メリットしかありません。一見相手からしたら下回転なので分りやすいのではと思われるかもしれませんが、このツッツキはただの下回転ではなく、非常に回転のかかったいわゆる切れたツッツキとなります。

ですので、相手がドライブをしてもボールを持ち上がらないか、もしくは持ち上げることができても威力の弱いボールがやってきて、チャンスボールとなったりとコチラにとって有利な状況にすることができる、まるで魔法のような技術、戦略なんです。

そして、全てツッツキで返せばよいので正直とっても楽ですよね。

まとめ

ここまでお読み頂いてありがとうございました。

今回は「卓球レシーブの種類について!横回転の対応とツッツキのコツを紹介!」と題してレシーブの対処方についてご紹介いたしました。

今回ご紹介したラケットの角度を合わせるレシーブと、全ての回転を下回転に上書きするレシーブですが、この二つを使い分けると1ランクも2ランクも上に行けると思います。

例えば、バックハンド側は回転をかけるのが得意でフォア側は苦手という方であれば、バックハンドは上書きツッツキで、フォアハンドを角度で対処するレシーブ、といったように使い分けができれば、レシーブでのミスが減るどころかレシーブで主導権を握り返すことも可能になります。

是非、マスターできるように一緒に頑張ってまいりましょう!

では、今回はここまで。ありがとうございました。

こちらもあわせてどうぞ!!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました