澤村拓一(レッドソックス)の背番号変更へ!歴代の選手についても調査

スポーツ

沢村拓一(レッドソックス)の背番号の変更が発表されました。
本人は憧れの背番号を背負えることがわかったので、とても今から待ち遠しく楽しみにしているようですね。

さて、今日は『澤村拓一(レッドソックス)の背番号変更へ!歴代の選手の成績は?』と題して、沢村選手の新背番号と、その番号を背負った歴代の選手を紹介させていただきます。

スポンサーリンク

澤村拓一の背番号変更へ!新背番号は

沢村拓一選手の新背番号ですが、元々は22番をもらっていました。ところが、ここにきてまた新たに新背番号をもらうことになりました。
その番号は「19番」なんですね。これは、かなり嬉しいのではないのでしょうか?
なぜなら、その番号は、あこがれの上原浩治氏と同じ番号なんですね。

上原氏は同じジャイアンツの先輩、後輩の仲でポジションも同じクローザー。

ところで、なんでここにきて背番号19を背にすることができたのでしょうか?

それは、今まで19を背負っていた、ジャッキー・ブラットリーJr選手がミルウォーキー・ブルワーズへ移籍することが決定し、空き番号になっていた為なんですね。

これにより、空いた19番を沢村拓一選手の番号にしようということになったんですね。

沢村拓一選手は今年ロッテからボストン・レッドソックスへ移籍をする際に上原浩治氏に結構相談をしていたそうで、その分の思いも一塩だったことでしょう。

尚、この19番ですが、上原浩治氏はアメリカ合衆国に移籍する前の読売ジャイアンツ時代はもちろんですが、ボストン・レッドソックスに移籍した際も背番号19を背負っていて、特にワールドシリーズをとった2013年に優勝したときもこの番号でした。

ですので、新たにこの背番号19を背負って試合に臨むのもより一層気合が入るのではないのでしょうか?

是非とも期待したいですね。

スポンサーリンク

歴代の選手の成績は?

さて、ここで気になるのは19番って他にだれがつけていたのかということではないでしょうか?
ボストン・レッドソックスで19番をつけていた、主な選手を紹介してゆきたいと思います。

ジョシュ・ベケット

マーリンズから、マイク・ローウェル、ギレルモ・モタとともにハンリー・ラミレス、アニバル・サンチェスら3対4のトレードでボストン・レッドソックスへ加入した。

2007年シーズン終了後にFAとなるベケットに対し、3年総額3000万ドル(4年目の2010年は球団オプション)で契約延長した。
開幕から5月8日にかけての7戦7勝は球団史上4位タイ。6月14日にシーズン初の敗戦を喫するまでに9勝を記録して初めて選出されたオールスターでは2回を無失点に抑え、勝ち投手となった。

※こちらは、ドジャース時代のベケットです。

上原浩治

当時鳴り物入りでボストン・レッドソックスと契約したが、最大の決め手となったのは、
「チームがもっとも必要としてくれる選手であったことと、温水洗浄便座があることも良かった」とのこと。

2013年には、八面六臂の大活躍でボストン・レッドソックスのワールドシリーズの優勝に貢献した。

ジャッキー・ブラットリーJr

右投・左打の外野手で2011年のドラフト1巡目でボストン・レッドソックスへ。
年俸は、2020年で$11,000,000。
ボストン・レッドソックスは2013年の入団から一筋でここまできた。

学歴は
プリンストン・ジョージ高校 -> サウスカロライナ大学 -> ボストン・レッドソックス

まとめ

ここまでお読みいただきありがとうございました。
今日は、『澤村拓一(レッドソックス)の背番号変更へ!歴代の選手の成績は?』と題して、沢村選手の背番号の紹介と歴代の19番をつけた主だった人を紹介してきました。

今年の野球は日本もアメリカも目が離せませんね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました