しばさき光子(埼玉県和光市長選挙2021)の経歴、学歴と政策まとめ!

政治

5月16日に埼玉県和光市の市長選挙が告示されました。

投票日は5月23日で、候補者2名が立候補を届け出ました。

2名の候補者は、吉田たけし候補(60)としばさき光子候補(46)の2名です。

今日は『しばさき光子(埼玉県和光市長選挙2021)の経歴、学歴と政策まとめ!』と題して、しばさき光子候補の経歴、学歴、政策について調べていきます。

『吉田たけし(埼玉県和光市市長選2021)の経歴と政策、過去の選挙結果まとめ!』はこちら。

スポンサーリンク

しばさき光子(埼玉県和光市長選挙2021)の経歴を紹介

しばさき光子候補の経歴、プロフィールについて紹介してゆきたいと思います。

生年月日昭和49年12月9日
年齢46歳

ですね。

大学を卒業後、以下の経歴を経ています。

平成9年ソフィア税理士法人入所
平成13年PwC税理士法人入所
平成24年柴崎光子税理士事務所設立
平成30年3年間シンガポールに家族とともに滞在
令和3年帰国。「しばさき光子と和光を輝かせる会」を設立

日本に、海外にと活躍の場を広げていたようですね。

スポンサーリンク

しばさき光子(埼玉県和光市長選挙2021)の学歴について

しばさき光子候補の学歴についてです。

小学校白子小学校
中学校富士見中学校
高校富士見高等学校
大学私立学習院大学経済学部経済学科

中学、高校はエスカレータ式の私立の中学、高校で女子校でした。
大学は言わずとしれた、私立学習院大学経済学部経済学科を卒業しています。

ただ、4年生の時に年齢に関係なく働けることから税理士受験を決め、4年時に受験を始めましたとのことです。

しばさき光子(埼玉県和光市長選挙2021)の政策まとめ!

しばさき光子候補の政策については、以下の基本政策と他の政策とで構成されています。

しばさき光子候補が掲げる3つの政策

1 新型コロナウイルス感染症対策
・安心のワクチン接種体制の構築
→あんしんワクチンプログラムの実施
(例えばワクチン銘柄切り替え時のスムーズな展開、転出入者の相談窓口など)
→医療従事者に加え保育士、介護士の早期ワクチン接種

・在宅療養者への支援
→政府との協議を進め、市内国有施設の療養施設化を目指す。
(コロナに限らず、未来に向けて有効な協定を締結を目指す)
→新しい生活様式での自治会活動・市民活動の支援
→感染拡大状況に対応した市民向け経済支援

・「コロナ対策アンバサダー」の任命
→和光ゆかりの著名人にアンバサダーになってもらい動画等で広報を強化します

2 福祉分野の建て直し
~「最先端の福祉」から「実感できる福祉」を目指して~
・誰ひとり取り残さない「みんなの地域包括ケア」
→高齢者、障がい者、子育て世代だけでなく、これまで制度の狭間に落ちていた8050問題やヤングケアラーの問題もカバー出来る重層型のケア体制の構築。
・令和7年度朝霞市への児童相談所開設を見越し、県との連携を深め児童相談体制を強化
・女性・子供の貧困対策(「生理の貧困」に対する支援)
・女性の自殺を防ぐ支援
・統括保健師制度の導入

3 時代の転換点に合わせた市役所経営
・DX市役所 ⇒ ITを駆使した「DX(ディーエックス)市役所」と職員が現場に「出掛ける市役所」
・「市役所総点検」の実施
→不祥事再発防止のための重層的チェック体制の構築(職員、監査、議会が各ステージでチェック機能を発揮できる体制づくり)
→職員間ハラスメント(パワハラ等)防止対策の強化
・税理士法人での経験・税理士の視点を活かした市役所事務・徴税業務の見直し

“和光市版”のプロジェクトを推進
~「埼玉県5大プロジェクト」に呼応している~

1.『人生100年プロジェクト』
目指すは平均年齢県内第1位。福祉・医療だけでなく、生きがいづくりや健康支援に取り組みます
・和光市(男性) 81.2歳 第7位/63市中
・和光市(女性) 87.2歳 第5位/63市中

2.『埼玉版スーパー・シティプロジェクト』のモデルとなり得る都市を目指す
(北)新倉PAのSA化計画に「エネルギー」と「防災」の視点を追加
※和光版MaaSとも一体的に構想
(南)広沢地区エリアマネジメント&市庁舎にぎわいプランに、西大和団地再生を絡めて「ウォーカブルタウン(=歩いて暮らせるまちづくり)」を目指します
(全域)東京コンソーシアム「スタートアップ・エコシステム」

3.『共生社会プロジェクト』
これまで和光市が進めてきたSDGsの取組をベースに、LGBTQパートナーシップ宣誓
制度の導入、障がいのある人もない人も地域で暮らせる社会づくりを目指す。

4.『あと数マイルプロジェクト』
和光バイパスの整備促進、大江戸線延伸を見越した南地区のまちづくり推進

5.『世界のSAITAMAプロジェクト』
海外居住経験を活かし、近年増加する在住外国人との共生社会を実現

和光を『光り輝かせる』17の政策目標

1.地域一体で進める「子育て応援タウン」
2.市民が健康に永く暮らせる「支え合いの健康長寿」
3.社会基盤整備を通じて「快適環境都市」を創る
4.「動物と共生できるまちづくり」を進める
5.市民の宝「 緑」と「湧き水・河川」を守り育て、次代へ引き継ぐ
6.新たなエネルギー分野を成長させ、SDGsに取り組む
7.自分で考え行動する子どもを育てる「公教育の充実」
8.地域が誇る「文化・スポーツの 魅力を開花」させる
9.地域や人のために活動する「自立自尊した人材」を育てる
10.「死亡事故ゼロ」を目指して、交通安全対策の徹底強化
11.市民と県警の力を結集し「犯罪を撲滅」する
12.「想定外を作らない防災体制」
13.人と企業を支援し「市内雇用の循環」を促進する
14.地域の要「農林業を振興」する
15.和光の「未来を支える産業人材」 を育てる
16.和光が誇る「観光資源」を磨く・活かす・発信する
17.「市民に信頼される財政・行政」に立ち戻る

以上がしばさき光子候補の基本政策と他の政策でした。

まとめ

スポンサーリンク

今回は、ここまでお読みいただきありがとうございました。

『しばさき光子(埼玉県和光市長選挙2021)の経歴、学歴と政策まとめ!』と題して、しばさき光子候補の経歴、学歴、政策を紹介いたしました。

もうすぐ和光市長選挙です。

有権者が是非選挙で投票いたしましょう!!

『吉田たけし(埼玉県和光市市長選2021)の経歴と政策、過去の選挙結果まとめ!』はこちら。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました