田辺花火大会2019穴場ベスト5は?駐車場と交通規制情報を調査!

イベント

夏の風物詩と言えば・・・キャンプ、虫取り、海水浴等など、沢山思い浮かぶものがありますが、忘れてはならないのはなんと行っても「花火」ですよね。

今回は、関西の夏の終わりを告げる花火大会である和歌山県田辺市で行われる「田辺花火大会」について

『田辺花火大会2019年穴場ベスト5は?駐車場と交通規制情報を調査!』

と題して田辺花火大会をみることができる穴場情報、および駐車場情報や当日交通規制がされるのかを調査しましたので紹介したいと思います。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

田辺花火大会2019穴場ベスト5は?

2019年(令和元年)も田辺市花火大会が開催される運びとなりました。開催概要は以下の通りです。

開催日時:令和元年10月5日(土)

開催時間:午後8時~概ね30分間

開催場所:田辺市扇ヶ浜

打上発数:約3,000発

 

私も過去に見たことがあるのですが、田辺花火大会はすごく綺麗でしかも壮大なのが特徴でして、関西であるいは全国の花火マニアには有名な花火大会のようです。

今年は第51回目の花火大会なのですが、主催者発表による今年の田辺花火大会の見どころは

  1. 「超ワイド!500Mの田辺大パノラマ花火」
  2. 「多方向への大展開アクション」
  3. 「ダブル水上炎舞同時開花」

と大々的に発表されていますが、特に今回は今までとは違う新しい試みとして2ヶ所から炎舞花火を展開、なおかつこれを打上げ花火とコラボレートさせるようです。

想像するだけで楽しみですね。

さて、そんな田辺花火大会ですが関西でも有数な花火大会であることから花火大会当日は早くから駐車場が満員となってしまうようです。

ですがそれでも田辺花火大会を見たい、あるいは穴場でみたいという方に「田辺花火大会」穴場スポットベスト5をご紹介いたします。

ホテルハーベスト南紀田辺近辺

ホテルハーベスト南紀田辺のプールサイド下に花火を見るのにうってつけの場所があります。ここはホテルの近くにありながらあまり光が入らなくて暗いので花火も綺麗に映えて見えると思います。※実際に私が見た際はとても綺麗でした!

 

白浜周辺(ピッツェリアペスカトーレ白浜周辺)

白浜周辺は、田辺花火打上場所の対岸とあって障害物もなく少々花火は小さく見えるかもしれませんが、穴場スポットではないかと思います。

 

三壺崎

ここは、ひょっとしたら穴場ではなく王道かもしれませんが、扇ヶ浜の程近くにある花火の打上げポイントから近い場所に位置しています。

 

田辺港江川西防波堤灯台


田辺港江川西防波堤灯台は田辺市の観光スポットで天神崎から入ることができるようです。田辺港江川西防波堤灯台も田辺花火大会の打上ポイントから遮るものが何もなく、穴場ながら絶景のスポットといえるでしょう。

 

新会津橋周辺


こちら新会津橋周辺は少し花火打上ポイントから離れているかもしれませんが、打上ポイント方向には特に花火を見るに遮るものもなく、花火を見るのには良いポイントだと思います。

以上、田辺花火を見る穴場ポイント5傑を調査、ご紹介しました。これらのポイントに共通して言えるのは、花火の打上ポイントから若干距離が遠いものの前方を遮るものがなく見通しが良いところではと思います。

ですので、上記5傑だけではなく例えば田辺湾を見渡せる「アドベンチャーワールド」近辺の高台等も絶景を楽しめるのではと思います。

スポンサーリンク

田辺花火大会2019の駐車場と交通規制情報を調査!

田辺花火大会は扇ヶ浜公園周辺をメインに行われますので、やはり穴場をご紹介いたしましたが、「やっぱり近くで、メイン会場でみたいよね!!」と思われる方も当然いらっしゃると思います。

そんな方々のために、田辺花火大会メイン会場となる扇ヶ浜周辺の駐車場情報を調査してみました。

田辺扇ヶ浜海岸駐車場(有料)

こちらの駐車場が花火会場に一番近い場所となります。ところで花火当日は大変な混雑が予想されることから、田辺扇ヶ浜海岸駐車場からの車やバイク・自転車を出庫することができない時間帯があります。

およそ花火の打上終了時間(20時30分頃)から20分間は上記の通り駐車場からの出庫を禁止しています。また、有料駐車場ですが1万円、5千円、2千円は利用できないとのことです。予め小銭を用紙していたほうが良さそうです。

収容台数は普通自動車が約409台(うち身体障害者用が6台分、大型車可)

料金は普通自動車は1時間まで無料、1時間を超過するごとに100円で大型車は1時間500円です。

田辺市役所駐車場

田辺市役所駐車場

収容台数:47台

料金:1時間まで無料、以降1時間超過ごとに100円

 

田辺市文化交流センター「たなべる」駐車場


田辺市文化交流センター「たなべる」駐車場

収容台数:普通自動車82台、障害者用3台

料金:2時間まで無料、以降2時間超過ごとに200円

紀伊田辺駅前第二駐車場

紀伊田辺駅前第二駐車場

収容台数:95台

料金:最初の30分は無料、以降30分ごとに100円

 

田辺市民総合センター駐車場

田辺市民総合センター駐車場

収用台数:90台

料金:1時間まで無料、以降1時間超過ごとに100円

 

その他

その他花火大会当日は臨時駐車場として田辺第一小学校グラウンドと、臨時駐輪場として裁判所が用意をされるとのことです。

 

また、花火当日の交通規制情報を調査してみました。結論としては当日の交通規制は行われないと判断します。

和歌山県警、および和歌山県田辺警察署のHPを確認いたしましたが、現在のところ交通規制に関する案内はありませんでした。

しかし、当日は大変な混雑が予想されます。ついては早めの行動や余裕をもって宿泊をするなどをするのも一手だと思います。

スポンサーリンク

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございました。「田辺花火大会2019穴場ベスト5は?駐車場と交通規制情報を調査!」と題しまして、田辺花火大会の観覧穴場情報と駐車場、交通規制情報を調査してご案内いたしました。

SNSを見ても田辺花火大会はとても綺麗で壮大、きらびやかです。

是非安全に余裕をもってご覧いただきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました