卓球のドライブのコツ!安定して入れる打ち方とタイミングはこれ!

技術

卓球技術には、色々な基礎となる基本技術があります。

その中でも今日は「ドライブ」特に「フォアドライブ」の打ち方について、「卓球のドライブのコツ!安定して入れる打ち方とタイミングはこれ!」と題してお伝えしたいと思います。

卓球で点を取るときにドライブ技術は非常に有効な技術です。

というのも、卓球はボールに回転を与える側面がありますがその回転に対応できたり、また相手に攻撃をさせない側面あるので、こちらが点を獲得する可能性が増えるからです。

特に初心者の方、これから卓球を始めたい方等、一見難しそうな「ドライブ」ですが、練習を続ければ絶対に上達しますので、そのお手伝いができれば幸いです。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

卓球のドライブのコツ!安定して入れる打ち方

点を取るのに必須となり技術である「フォアドライブ」。

なぜ、ドライブを安定させる必要があるのかというと、
私が市内のオープン大会を見て思うことは

  • ラリーが続いていない
  • ドライブ攻撃が決まっているようには見えない。

ということを凄く感じるからです。

もちろん大会のトップレベルになれば、フォアドライブを安定して決める選手が残るのですが、それ以外のほとんどの選手については、ラリーが続いていないです。

なので、たとえオープン大会レベルであっても、フォアドライブを安定して決める技術というのはとても大事であると言えますし、逆に安定すると、オープン大会とは言え上位へ食い込むことができるようになるのではないかと思います。

つまり、フォアドライブが安定して決まれば、ラリーが続けられるようになります。

そして、ラリーが続けられるようになれば周りにラリーを続けられる選手は少ないですから、
貴方が点を取り、勝負に勝って大会上位へ進出できるようになるという具合です。

それでは、安定して入るようになるフォアドライブのコツを紹介します。

ドライブ時の振り

ドライブの振りは手打ちではなく、体を使って打つ。

これは、下半身の体重移動の力を上手に使うことで、腕の力を入れなくても、
つまり大振りや手振りではなくコンパクトな振りでフォアドライブを打つということです。

フォアドライブ時のラケットの始動位置は体の真横くらいでよいです。

ボールを打つ前に軸足(右利きの人は右足)に力を溜めます。

そして、実際にインパクトのときに体重を軸足から左足へ乗せます。

その体重の移動時の力を使ってドライブをかけます。

ドライブ後のラケットの戻し

「ドライブ時の振り」でドライブを打った後にすぐにラケットを体の横に戻します。

つまり、ドライブを打つ際にラケットは体の真横に構えていましたがラケットをフォアドライブで振った後、ラケットが体の前方にある状態だと思いますが、そこから次の打球に備えて直線的に体の真横に戻します。

以前は、フォアドライブを打った後に、ラケットを体の正面に一旦戻してから
次の打球に備えて体の真横に戻すように教えられていた方が多かったと思います。

それは、まるでラケットで三角形を描くような軌道を取っていたということです。

しかし、これは現代卓球ではスピード的に間に合わないということでラケットを直線的に体の真横に戻す必要があります。

ドライブを連続して打つ為に

「ドライブ後の戻し」のラケットの戻しと関連していますが、フォアドライブを
打った後ラケットと同様に体そのものもフォアドライブを打つ前の状態に戻す
必要があります。

その際に体重移動の反動を使ってもとの体制に戻すということを意識して見ましょう。

フォアドライブを打ったあと、体重移動により体重が軸足と反対の左足(右利きの場合)に移っているはずです。

このときに左足に体重が移動した反動を利用してフォアドライブを打つ前の
状態である右足に体重を戻すことを意識してみましょう。

この動きをマスターするとスムーズに体重移動ができるようになります。

そうすれば動きに無駄が無くなり、フォアドライブを打つ際に時間的な余裕が
生まれて、その結果フォアドライブの安定性が増すということになります。

スポンサーリンク

卓球のドライブのコツ!安定して入れるタイミング

フォアドライブを安定して打つことができるようにする為にはフォアドライブを打つタイミングを意識する必要があると思います。

ここでいうタイミングとは、よく卓球で言われる「打点」のことと考えてください。

ボールの軌道は自分のコートにボールがバウンドしたあとに、まるで山の稜線のような軌道を描きます。

ボールを打つべきタイミングを考えた時に、自分のコートでのバウンドの直後(ライジング)、稜線の一番高いところ(頂点)、頂点移行の大まかに3つのタイミングがあるのですが、まずはフォアドライブを打つタイミングは、頂点で打つように意識してみましょう。

フォアドライブを打つ瞬間に少し力を入れるようにして、それ以外は力は抜くように
するのがポイントです。

その他フォアドライブを打つときに意識したほうがよいと思うのは

1.肘が体に近すぎないように、懐にスペースを作る。しかし、
腕は伸ばしすぎない。少し曲がっているくらいが丁度よいかなと思います。

2.フォアドライブを打つ前から、ラケットの面は開いておくこと。
打つタイミングが来たら、しっかり斜め前方にスイングする。

これらのタイミングを意識することで、安定したドライブが打てるようになります。

まとめ

今回は、「卓球のドライブのコツ!安定して入れる打ち方とタイミングはこれ!」
と題して、フォアドライブを安定して打てるようになるコツと意識するポイント
をご紹介しました。

私の市内のオープン大会レベルを見ると、あまりラリーが続いている試合やシーンを
見ることがありませんでした。

ということは、基礎技術を確実にできるように練習することで、上位に食い込むことも
可能だと思います。

是非フォアドライブが安定しない、入らないという方は参考にしてみていただければと
思います。

それでは、今回もお読み頂きありがとうございました。

こちらの記事もあわせてどうぞ!!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました